両思いを確認できたとともに、、、失う怖さも【青い海の伝説】13話

 

🙂 リンクを張ってあるところは、文字が桃色になっています 🙂

 

みなさま こんばんわ!

今晩木曜日は、青い海の伝説なのですが~
韓国放送局によると、今回の14話は来年の放送にして
1話~13話までの総集編とする。 とのことなのです、、、

じぶん、あくまでナレーションとか入らないドラマの世界でドラマを見続ける~
というのが好きなので
わざわざこーいうの やってくれなくてもいいぞーーーー!!!とかって思ってしまいました^^;
・・いずれにしても 仕事終わりに帰宅して見るのが 今から楽しみすぎます(^^)/はやく帰りたいぃ~~~(¯―¯٥)

 

 

昨日の13話も深夜観たのですが~
もう 最後は二度と見たくない と思うほどに (T_T)でした。。。
画面を見る怖さ とともに 感動が深すぎてぇ~~~
& ちょっと現実的に、「なんで逃げないのよ!」とかって理性で疑問も出てしまったりもしたんだけど^^;
もう すごい(T_T)(T_T)でしたわ

かなりハマっているので いろいろと説明したいのですが
あまりに良いカットが多すぎて かなり細切れに行かせていただきます!(^^)

怖い夢・・ むかしのシンチョンが人魚で襲われるとかの夢 をみたイ・ミンホ

もう完全に シンチョンをじぶんのものとしています。

怖い夢からは解かれたんだけど
今までじぶんは 無くしたくないものはなかったんだけど
シンチョンができてからは、大切なものを失うのがコワイということに気付いた。という

・・じぶんはそう解釈しました。

 

で、イ・ミンホがうなされている夢で口走っていた女性の名前を
シンチョンが問い詰める

 

 

女の人? 綺麗?
もちろん女性。 すごく綺麗。
と答えるイ・ミンホに

チョン・ジヒョンらしく 「じぶんとどっちが綺麗?」と
二股とか掛けるのか? とか
ネット検索して増やした単語を使って 心配を1人口にするシンチョン

 

もちろん、シンチョン。
という イ・ミンホ。

安心した彼女

じぶんの屋根裏に戻ろうとしたところを
イ・ミンホ が一緒に寝ようと引っ張って

 

屋根裏でさっき寝る前にしてきた イ・ミンホのキスについて質問したら

改めて。
これは忘れなくちゃだめ? と訊く真面目なところが なんともこのキャラ面白い。
あくまで、人魚で人間界には不慣れ& 真面目に約束したことを守ろうとする姿勢

怖い夢をイ・ミンホが見ると 一緒に寝れるから
ホ・ジュンジェが毎晩怖い夢を見るといいな と心のなかで独り言。

ケチョア =テゲチョア とネットで得た単語を連発するのがシンチョンの成長する早さを示してるわ~

 

ホ・ジュンジェ ヌン ナぁ~ル~チョアヘぇ~♪

と 翌日起きてからもずーーーっと口走っていられました(^^)
このまちのビルとかの電気も 彼女がベランダに出て喜びパワーで点けた感じです!

やはり、星君のト・ミンジュンとかと似てる人種だね。人魚。

 

 

もう14回なので、星君を思うとあと6回ほどで終わってしまうんだろうか、、
この13回の最期の 怖い&感動しまくるシーンが 物語の終焉を若干におわせたんだよねぇ、、
まだまだ終わってほしくないぃーーーー
終わっても またこの2人で新しいドラマを1カ月ほど休んでから新たにスタートしてほしいですわ!

 

ではまた 🙂

 

 

 

💁お気軽にコメントくださいませ
コメントは ニックネームのみご記入いただければ投稿できます💓
(mailは記載しても表示されません,URLは名前にリンクされます)

 

まっこりマッコリ女子会LINEアカウント
LINE ID表示「マッコリ女子会」

LINE ID検索 @makkorimakkori
(※必ず @ をつけて検索ください!)
マッコリ女子会の告知はこのLINEorBlogからします
今年2016年マッコリ女子会開催は少ないです,,,,
【バックナンバー】
【新大久保】
新大久保でごはん ◆新大久保でカフェ
新大久保でお買い物

  ↑新大久保は移り変わりが激しいので行かれる時はご確認の上お願いします。

【韓国実レポ】
ソウルでごはん  ◆ソウルのカフェ  
じぶん的東大門の廻り方

↑これって結構価値あるかも!市場好き方むけ♥︎

済州島旅行記録ひょうたん島   ◇韓国皮膚科の記録

  ↑ホクロと点滴は必須ですな

いつもアクセスありがとうございます<(_ _)>

よろしければクリックして頂けると嬉しいです

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



Twitterボタン  まっこりマッコリ女子会 Twitter   facebook
 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA